So-net無料ブログ作成
清水坂ガラス館ホームページへ

アナログ?

こんばんは。
しあわせ考察係のデューリーなおです。


海外に長期で行ってしまう友人に渡したい物があります。


「GEM」です。


とても小さい、手のひらサイズの辞書なのに、ものすごく充実しているんです。


私の若い頃、10代~20代は、ポケット辞書というと、皆これを持っていたように記憶していますが…。


最近は、電子辞書が充実して、この辞書を持っている人はおろか、書店にもおいてあるのだろうか?と、います…。


かくいう私も、今は何でも電子辞書でこと済ませている毎日です。


でも、時々思うのは、使いふるしたポケット辞書は、辞書自体が手のひらのカーブにフィットして、調べたい言葉のページをかなりピタッと開けられる。ということです。


但し、ここでお断りしておかないといけないことは、私は、決してお勉強好きではなく、お勉強が特に出来たわけではないということです。


加えて、さほど努力家でもなく、寧ろ合理的な勉強方法を考えているうちに、とんでもなく、無駄な時間を過ごしてしまい、何もしていない!と、叱られるような人間です。


そんな私が何故、調べたい言葉のページをピタッと開けられる程、ポケット辞書を使ったのか…。


単純に、見つけたい単語を迅速に見つけるゲームを、決して暇ではないのに、暇を作っては、一人で遊んでいたら、それだけは!出来るようになった。


という、ちょっと、いや随分と、ふざけた話なんです。


でも、もし、本当に必要とする人が、使えば どうなのか?


一々電源を入れたり、辞書のコンテンツを
選んだり、電池を気にしたりに時間をとられない。持ち運びも、電子辞書よりまだ更に小さい。


どうなんでしょうか…[?][?][?]




私のような感覚は、アナログすぎるのでしようかねー…、
o0480064012755838982[1].jpg

上は、今、私が使っている電子辞書。
しかし、中々使いこなせていない感が
とても、残念T^T


タグ:電子辞書
nice!(368)  トラックバック(0) 

nice! 368

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
清水坂ガラス館ホームページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。