So-net無料ブログ作成
清水坂ガラス館ホームページへ

イギリス料理

こんばんは。
しあわせ考察係のデューリーなおです。


イギリスというと、どんなイメージがありますか?


紳士の国、紅茶の国、お庭が綺麗、イギリス風朝ごはん、不思議の国のアリス、あっ勿論、ハリー ポッター…などなど。




でも、大抵イギリスというと、食事がマズイ!という印象を持たれるのではないでしょうか?


私もお茶の為の焼き菓子以外は、イギリス料理?フィッシュ アンド チップス?ローストビーフ?くらいのもので、あまりお料理の美味しい国のイメージはありませんでした。


夫と出逢うまでは…。夫は、イギリス南部のヘイスティングス生まれの英国人です。


ドーバー海峡沿いの素敵な町で、フィッシュ アンド チップスも美味しい?
新鮮な魚が手に入るからですね。



ただ、量が半端ではないので、私は、あまり魚は食べず、魚卵のフライとチップス(フライドポテト)に、たっぷりモルトビネガー(穀物酢)をかけて食べます(^_^)その時、コレステロールがあがりそうですが、 ピクルド エッグがあれば、尚良しですし、更に生ビールがあれば、もう、いうことないですね!


…でも、私がご紹介したいのは、フィッシュ アンド チップスではなく、夫の母が作ってくれた数々の料理です。


ローストラムに ミントソース(ガーデンミントの葉っぱを極細かくして、砂糖とモルトビネガーを混ぜたもの)をかせけたもの。ローストラムを焼く時にでたグレービーを混ぜた、ヨークシャープディング、かなり柔らかくゆでた、野菜。
キドニーバイをはじめとした色々、甘くないパイ。


そして、プディング類。


勿論これだけではありません。
母の作る料理はどれも美味しく、いつも完食でした。


にも関わらず、何故ここまで、イギリス料理って、悪評高いのでしょう?


私が感じるのは、日本に比べると、大都市のロンドンなどは別として、外食出来る場所ご少ないということ。


(強いていえば、パブの食事はおいしいところが多いように感じます)


だから、中々観光で行くと、美味しいものに当たらないのではないかなぁ…と、そんなところから、長い歴史の中、世界中の旅人の間から、この国にはろくな食事がない!と噂が噂を呼び、イギリス料理はひどいという定説ができたのでは?


実は今朝、イギリスのクランペットというパンケーキとパンの中間のような食べ物が、密かに脚光を浴びている!との情報をテレビで見て、こんなことをとりとめなく、考えてしまいました。


どこの国へ行っても、家庭料理、お母さんの味は美味しいものなのかもしれませんね。


皆の喜ぶ顔を楽しみに、心を込めて料理するのは、どこのお母さんも同じなんでしょうね^_^

o0480064012762252169[1].jpg
上の写真は、クランペット


nice!(387)  トラックバック(0) 

nice! 387

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
清水坂ガラス館ホームページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。