So-net無料ブログ作成
検索選択
清水坂ガラス館ホームページへ

アナログであること

女子フィギュア、始まりましたね。
もー、へたれの私は、真央ちゃんをはじめとする、日本人選手が出てくるだけで、ブワッッッッッと涙があふれてしまうのです。


何なんでしょう!この涙腺の緩さ…。


どの競技においてもそうですが、これは、こうだった…マイナスに繋がりますね…のんていうコメントを聞くだけで、もう、そんなん解説してくれへんでもええし…>_<と思ってしまうのです。


こんにちは。しあわせ考察係のデューリーなおです。


昨日は、しずかちゃんの記事で、LINEやメールではなく、手紙を書くという話をご紹介しましたが、私はこの他にも、読書も同じ感じをうけます。


最近では、iPad などで、が読書出来てしまうようで、本を長持ち歩くことを考えると、その方が良いように思うのですが、やっぱり私は、本を選んでしまいます。


紙の感触、匂い、ページをめくる動き全てが読書なのでしょう。


1ページ1ページ、本を読み進めていく中、だんだんお話に入り込んでいくそんな気がします。
ずっと小さいころから、こうやって本を読んでいるため、この作業やページをめくる音が読書とセットになっているのかもしれませんね。



私は、ニュースは、パソコンでもかまわないのですが、夫は、新聞でなければどうもダメらしいのです。


慣れだと思いますが。面白いですね。


でもなんだか、こういうアナログな世界って、全てではなくても、人にとって、とても大切な時間なのかもしれませんね。
o0480064012852933996.jpg


nice!(511)  トラックバック(0) 

nice! 511

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
清水坂ガラス館ホームページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。