So-net無料ブログ作成
検索選択
清水坂ガラス館ホームページへ

悠久の時の流れと一瞬の儚さ

こんにちは。しあわせ考察係のデューリーなおです。


はー、何だかなぁ…どうしてこうも寝ても寝てもねむいのでしょうか?




春眠暁を覚えず…には、ちょっと早いし…




しかし、春眠暁を覚えずなんて、何とも優雅というか、ノンビリ~なイメージですね!
これは中国の古い詩の一部ですが、例えば日本でも、古文の授業で習う「枕草子」や「源氏物語」にみられる文章の美しさも同様で、その中に、悠久の時の流れを感じることがあります。



百人一首の五七五七七には、集約された深い心情や一瞬の美しい視覚が見て取れますが、その一瞬の儚さを語る一文にさえ、ゆったりとした時の流れを感じます。それって、ゆったりとした時間があるからこそ、一瞬の儚さに気づいてしまう、ということなのかもしれませんね。


勿論、人間関係とかもややこしく、ヤキモキしては涙にくれてしまいそうな、平安時代に生まれたい…なんてことは、決して思いません…。
セカセカした 何ともせつろうしい今の社会と比較しても尚、私はやっぱり、平安時代に生まれたかった…とは思いません。



とはいえ、日々マラソンをしているような私達現代人には、そんな悠久の時の中にこそ見える一瞬の儚さに、気持をとめることも必要なことかもしれませんね。
o0480048412872348667.jpg

上の「若紫ピアス」は、「源氏物語」の年若いお姫 様若紫が、モチーフ。
パタパタしている中でも、この「若紫」を手に取ると、ふっと、気持ちが緩やかになる気がします。



nice!(475)  トラックバック(0) 

nice! 475

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
清水坂ガラス館ホームページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。