So-net無料ブログ作成
清水坂ガラス館ホームページへ

undefined [デューリーなお日記]

しあわせ考察係のデューリーなおです。私は決して方向音痴ではない!寧ろ、方向感覚はとてもとても良い!…と思っていました。でも、実はそうでもないかも…と、最近思っています。東京のビッグサイトという会場はおそろしく広い空間で、そこで開催される展示会に行くと、確実に一回は迷います。京都の新京極界隈にある忍者レストランへ行った時も、個室を離れる度に、帰れなくなり、忍者に連行される始末…かと言って、地図を見て動くのは全然問題なく、寧ろ得意な部類の作業( ̄ー ̄)だと思ってはいるのですが、方向感覚がどうにもないのだと思います。何故、そんなことに最近まで気づかなかったのか…ふと子供の頃の東西南北の覚え方を思い出しました。先生に「南を向いて左が東、東には大文字山がある」と言われた記憶があります。でも、そもそも、北がこちらと言われなくても何故北がどっちだと分かるのか…です。要するに、京都の町が碁盤の目のようにつくられており、比叡山や大文字山が見える方が、東で…などなど…そんな程度のことなんですね。そこから繰っていけば、東を向いて右は南だからそこから、と簡単に方向はわかります。それで私は、方向感覚バッチリなんて、思っていました(´Д` )京都の町は、方向は分かり易い、道の名前も歌があり、それを歌えばそうそう、間違えることはない…というだけのことだったのです。先日、千葉からお店にあそびにいらしたお客様はとっても京都がお好きで、京都の町を網羅したい!とおっしゃっていました。そこで、道の歌をお教えしました。でも、本当にこれを覚えているだけでも、随分と歩きやすくなります。まる たけ えびす に おし おいけあね さん ろっかく たこ にしきし あや ぶっ たか まつ まん ごじょうせった ちゃらちゃら うおんたなろくじょう しち(ひっ)ちょうとおりすぎはちじょう(はっちょう)こえれば とうじみちくじょうおおじでとどめさすこんな歌を覚えて、着物に京美人かんざしを着けて京都の町をあるかれませんか?きっととっても素敵ですよ(^∇^)>579_1.jpg<
nice!(39)  トラックバック(0) 

nice! 39

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
清水坂ガラス館ホームページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。