So-net無料ブログ作成
検索選択
清水坂ガラス館ホームページへ

自分で認める大人の定義 [デューリーなお日記]

こんにちは。
しあわせ考察係のデューリーなおです。
子供の頃に考えていた大人としての定義に、車の運転というものがありました。
時に、子供の頃の定義に当てはまらない私は、あの頃の私にとって、どんなカテゴリーの人間なんだろう…なんて感じてしまいます。
それでは、私自身が自分が大人だと感じた瞬間は?というと、子供達が小さい頃、お化けやウルトラマンの怪獣が出ると怖いから、トイレについて来て。といわれた時です^_^
お化けや怪獣じゃ、私が勝てっこないのに
…この子達は、私がいればお化けも怪獣も怖くなくなるんだ…
小さい身体で、全身全霊で、こんな頼りない、虚弱体質な( ;´Д`)私を信頼しているんだ…。
そう感じた時。
とるに足らない、小さなことです。でも、
これは、一事が万事だと思いました。
守らなければならない人達、守りたい人達がいる。それは、その人達が全ての方向からしあわせであらなければならない。その人達は、子供達だけとは限らないのですが…。
お子さんや、親御さん、お友達に南天というアクセサリープレゼンれされる。という方が沢山いらっしゃいす。
「難が転じる」
といわれる植物は、お守りにされたりします。
気休めかもしれない。けれど、信じたい
そんな無駄なことかもしれなものにまで
誰かを守りたいという心のよりどころを見出してしまう…。
そんな思い、自分自身よりも守りたいものがある。
これが、大人としての定義のほんの小さな一要素かもしれませんね。
o0200020013047654528.jpg

o0480048013047654514.jpg

別館かわいい館  
南天ネックレスと南天ピアリ(ピアスもあります^_^)

nice!(34)  トラックバック(0) 

nice! 34

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
清水坂ガラス館ホームページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。